イベント/レポート

2022年も「スミログ」を開催します。

スミログとは

墨田区で行われていた様々な文化活動を対象に、地域の文化活動のアーカイブをつくることを試みるプロジェクト。記録集やアーカイブ映像、新聞やネットの記事に残るような明確で強い出来事だけではなく、その周辺で発生していたイベント名もないような展示やワークショップ、パフォーマンスやパーティーなどのかすかな出来事の記憶も収集していきます。地域の文化を脈々と支えてきた個々人の記憶や経験の存在に目を向けることで、単なるデータからは知ることができない、ささやかだけれども確実にまちの文化を生んできたモノの存在に気づき、自分自身の活動を見つめなおすきっかけになるかもしれません。地域のアーカイブから何が学べるのか、これからの活動をどのように残し、伝えていくことができるのか、一緒に考えていきませんか。

昨年のスミログ

1年目となる2021年度はキックオフトーク「生き方がかたちになったまちはどう記録されるのか」、オンラインやオフラインで開催したディスカッション「あのイベントを語ろう」成果展示「スミログオープンアーカイブ」と様々な種類のイベントを行いながら、アーカイブについて考え続けました。特にディスカッションでは、「集める」「使う」「遊ぶ」といったキーワードを元に意見を重ねたところ、まずは「集める」を遊んではどうか、という方向がおぼろげながら見えてきました。

今年のスミログはオープンスタジオ

そこで2年目となる2022年度は、実際に「集める」を遊べるような機会を、そして引き続きアーカイブについて考え続ける場を設けようと、毎月1回、日曜日の13時から16時の間、ファンタジア!ファンタジア!の拠点をひらいてアーカイブにまつわるイベントや作業を開催することになりました。
今年は毎月拠点を開き、アーカイブに関して考え、作業し、語り合える場をゆるやかに作ります。資料を整理している人がいれば、自宅に眠っているチラシを持ち寄る人、アーカイブとは何たるかについて話したり、データベースについて学ぶ人もいるかもしれません。何をするのか、何ができるのかは、拠点に集まる人によって決まっていきます。アーカイブについて気になっていたら、気軽に、公園に立ち寄るような感覚でいらしてください。

<内容(例)>
●アーカイブに関する作業●
アーカイブ資料の収集や整理、データ化(スキャンなど)やデータベース整理といった作業を毎回行います。

●アーカイブを考えるアクティビティ●
アーカイブに関するトピックについてのディスカッションや、アーカイブを考えるきっかけとなる簡単なワークショップを毎回行います。
(例:アーカイブポットラックパーティー ※集まった人それぞれが「アーカイブ」だと考えるものを持ち寄りプレゼンし合う。自己紹介も兼ねたコミュニケーション。)

その他にも、参加された方から生まれたアクティビティのアイデアも実現させていく予定です。
(例:アーカイブ研究をしている○○さんをゲストに交えたトークをしたい、図書館を訪問していろいろ調べたい、データベースに関するプログラミングの講習をしたい、など)

ぜひ、お気軽に遊びにいらしてください!

<開催日>
毎月1回日曜日 13:00~16:00
6月19日、7月17日、8月21日、9月18日、10月16日、11月20日、12月25日、1月15日、2月19日、3月19日

※各回の実施内容詳細はイベントページ、ファンタジア!ファンタジア!のFacebookページでお知らせしていきます。(https://www.facebook.com/FantasiaFantasia.SumidaCity


※8月21日は感染症拡大防止のため、オンラインに変更いたします。詳細はFacebookイベントページをご覧ください。(2022年8月14日更新)

<開催場所>
藝とスタジオ
住所:東京都墨田区東向島5-23-3
アクセス:東武「東向島駅」から徒歩7分

※新型コロナウイルス感染症拡大の状況によっては、オンラインでの実施も検討します。毎月の開催の詳細はこのイベントページをご確認ください。
※新型コロナウイルス感染拡大防止対策を講じて実施します。
※ご参加の際にはマスクの着用·手指の消毒·検温にご協力お願いいたします。

<参加方法>
参加費無料/予約不要

※開催時間中は、ご自由に出入りが可能です。
※実施にあたって、必要な持ち物などがある場合は、Facebookページにてお知らせいたします。
※参加者同士の距離が取りにくい場合などは、スタジオ内に入る人数を制限させていただく場合がございます。ご了承ください。

<お問い合わせ>
ファンタジア!ファンタジア!―生き方がかたちになったまち―事務局
E-mail:info@fantasiafantasia.jp

<主催>
東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京、一般社団法人藝と

※本事業は「東京アートポイント計画」として実施しています。
※プログラムの 内容は変更となる場合がございます。