プラクティス

【スミログ】アーカイブはどこから始まるの?「あのイベントを語ろう」第1回レポート

「スミログ」は墨田区で行われていた様々な文化活動を対象に、地域の文化活動のアーカイブをつくることを試みるプログラム。記録集やアーカイブ映像、新聞やネットの記事に残るような明確で大きな出来事だけではなく、その周辺で発生していたイベント名もないような展示やワークショップ、パフォーマンスやパーティーなどのかすかな出来事の記憶も収集していきます。

「2005年までのイベントを語ろう」

2021年8月14日に、ディスカッション「あのイベントを語ろう」の第1回「2005年までのイベントを語ろう」を開催しました。この日は、当時から墨田で文化活動に関わってきた方々や、当時を知らないけれども文化活動を記録することに興味を持っている方々にご参加いただきました。

「あのイベントを語ろう」では、写真や印刷物といった具体的な物や、それぞれの記憶を持ち寄って墨田区で行われていたプロジェクトやイベント、アートスペースについて年代を目安に語り合います。ただコロナ禍による緊急事態宣言下(8月14日時点)ということもあり、今回はオンライン開催となりました。「具体的な物」をその場でリアルに眺めることはできませんでしたが、画面を通じてそれぞれが持ち寄った資料を見ることができました。ある参加者の方はご自身が関わってきた展示やプロジェクトのチラシをまとめたファイルを、他の参加者の方も表ソフトでイベントのタイトルや時期を丁寧に記録したものを見せてくださいました。個々人に残る記憶や貴重な記録に触れることができました。

「スミログ」では、事務局のヨネザワエリカが自主的に整理してきた、1997年ごろから墨田区で行われてきたイベントのデータベースを活用しています。円グラフや棒グラフを用いたレポートを参加者と眺めながら時間軸、場所軸、イベント軸と様々な角度から記録を語り合います。文化活動の記録に興味を持って参加された方からは、「図や表になっていると見やすい」という感想が出ました。また、当時を懐かしむエピソードが続々と出て、「何かを始めようとした時に墨田にはそれらを受け入れる素地がすでにあったのではないか」という話も出ました。

データベースの一部

ディスカッションでは、データベースに記録するイベントは何年まで遡るのかといった議論や、記録できるイベントとそうでないイベントの境目とは何なのかについても話し合いました。「新聞やチラシの印刷物のようなもので辿れるかどうかが基準になるのではないか」といった具体的な議論は盛り上がり、90分のイベントはあっと言う間に終了。次回の第2回「2010年までのイベントを語ろう」(2021年9月11日(土) 15:00〜16:30)に引き継がれることとなりました。

text by ヨネザワエリカ、磯野玲奈

スミログ

ディスカッション「あのイベントを語ろう」

予約フォーム

第1回「2005年までのイベントを語ろう」
2021年8月14日(土) 15:00〜16:30

第2回「2010年までのイベントを語ろう」
2021年9月11日(土) 15:00〜16:30

第3回「2015年までのイベントを語ろう」
2021年10月16日(土) 15:00〜16:30

第4回「2020年までのイベントを語ろう」
2021年11月20日(土) 15:00〜16:30

場 所:
第1回、第2回 Zoom
※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、オンライン実施へと変更いたしました(8/27更新)。
第3回、第4回 藝とスタジオ(東京都墨田区東向島5-23-3)

定 員:各回10名 
参加料:無料(事前予約制・先着順・通信料はご負担ください)